結婚の引越し時に行なった断捨離

私は5年ほど前に、主人と結婚するために人生で初めて実家を出ました。

暮らしていた実家は、私が高校生の時に現在の場所に建て替えたので、その際に1度引越しましたが、それ以降はこれと言って自分の部屋を出る事もなく大学生活、社会人生活を送ってきました。

私が主人と暮らすことになったのは、実家から近くのアパートだったため、少しずつ自分で荷物を運び出すタイプの引越しを行い、新居での生活をスタートさせていきました。

実家の家族からは『使っていた部屋を片付けて』とは言われなかったのですが、部屋の物をすべてを持って行く訳にもいかないので、引越しの際に断捨離することにしました。

とはいえ、さすがに何でも捨ててしまうのはもったいないので、書籍や洋服などリサイクルできるものはリサイクルショップに売り、使えないものを捨てると言う感じにしていきました。

まず、新居に持っていくものと行かないものに分け、そこで一度断捨離を行います。

すると本当に必要ない物に囲まれて生活してきたのだと言う事が分かり、それだけでもスッキリしました。

その後、新居で生活をしてみて、本当に自分の部屋に残してきたものが無くても大丈夫だと思った時に、残りのものも断捨離していきました。

私の場合、それなりに愛着のあるものや、まだ新しくてあまり使っていないものなどは本当に手放すのが惜しく、このまま実家に置いておこうかと何度も迷ったのですが、自分の手元には置かないのに『何度も迷う』と言う事はつまり『いらない』と言う結論に達して行くような法則が見えてきました。

何となくこのコツを掴んでからは断捨離も上手く進み、割と時間をかけずにひと部屋綺麗になりました。

引越しと言うのは、一つの区切りでありスタートでもあるので、断捨離するにはもってこいだと感じました。

Copyright(c) 2014 引っ越しの片付けついでに断捨離するコツ!目指せスッキリ新生活! All Rights Reserved.